商標登録ドットコム > 個人情報の取り扱い

秘密情報・個人情報について

弁理士法より抜粋

(信用失墜行為の禁止)
第二十九条 弁理士は、弁理士の信用又は品位を害するような行為をしてはならない。

(秘密を守る義務)
第三十条 弁理士又は弁理士であった者は、正当な理由がなく、その業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を漏らし、又は盗用してはならない。

(弁理士の使用人等の秘密を守る義務)
第七十七条 弁理士若しくは特許業務法人の使用人その他の従業者又はこれらの者であった者は、正当な理由がなく、第四条から第六条までの業務を補助したことについて知り得た秘密を漏らし、又は盗用してはならない。

個人情報の取り扱い
当サイトおよびその運営者(金原商標登録事務所)は、上記法令その他の法令を遵守し、 特許出願の代理業務、調査・報告・連絡等の、依頼を受けた業務に必要な限りにおいて、また第三者からの不正アクセス等を監視する目的に必要な限りにおいて、個人情報を秘密情報として管理しつつ利用するものです。

たとえば、弊事務所が依頼者からご質問、ご連絡、ご要望、調査依頼、出願依頼、見積依頼などの業務上利用するために保管する個人情報・秘密情報は、お客様への回答、ご連絡、調査報告書や出願書類等の作成、送付、出願データや手続期限の管理等の業務に利用いたします。
依頼者の承諾なく、第三者に開示することはもちろんのこと、弊事務所内において目的外利用を行うことは一切ありません。

当サイトには、「クッキー(Cookie)」と呼ばれる技術を利用したページがあります。クッキーとは当サイトのサーバーから依頼者のコンピュータのブラウザに送信される小規模なデータのことをいい、依頼者のコンピュータを識別することにより効率的に当サイトを利用できるようにするものです。たとえば商標登録の依頼に際し、何度も商標、指定商品・指定役務、ご連絡先などを入力する手間が不要となり、スムーズに操作を行うためのものです。

当サイトは、依頼者の個人情報を保護するためにSSL、POP Over SSLなどのセキュリティ対策に対応しています。

当サイトでは、アクセスされた方のプロバイダーやIPアドレス、ブラウザの種類、アクセス日時等の情報をアクセスログという形で記録しています。法律で認められる利用方法において通常は個人を特定できる情報を含むものではありません。これらのアクセスログはウェブサイトの保守管理や利用状況に関する監視のために活用することができ、それ以外の目的で利用することはありません。
また、ご依頼者が入力・送信されたデータなど、個人情報・秘密情報に関わるデータはサーバーには保管されません。

データ暗号化・セキュリティについて

security.jpg

セキュリティ機能を加えた企業向け最上位プランを採用しております。
1グローバルIPアドレス、独自ドメインGeoTrust128ビットSSL認証を備えたウェブサーバーと、APOP、IMAP4、SSL-Mail(POP OVER SSL)を備えたメールサーバーとを採用し、依頼者側で特別なソフトウェアや手続をしなくても、https/SSL認証アクセスが面倒な書類手続きなしに簡単にご利用できるようになっております。

さらにアンチウィルスメール機能をサーバー、弁理士端末に搭載し、電子メール送受信をチェックします。 ウイルス感染経路である電子メールをリアルタイムにチェックし、サーバー側定義ファイルは毎日最新のものに自動更新されます。
SSLはWebだけではなく、サーバーと弁理士端末間の電子メール本文を暗号化するPOP OVER SSL機能と、ユーザーID・パスワードを暗号化するAPOP機能とを登載しています。

データのバックアップは、サーバー側において3重のバックアップと、クライアント側において3重のバックアップを行います。
ただし、サーバー側でバックアップされるのは当サイトのプログラムとウェブコンテンツだけですので、ご依頼者が入力・送信されたデータなど、個人情報・秘密情報に関わるデータはサーバーには残りません。
さらに弁理士端末においては、貴重なデータである業務上のデータは、コンピュータ本体には保管されません。