商標登録.com > 商標登録 > 商標登録の注意点

注意すべき点

ご注意1:
 商標登録を他者に先に取得されていた場合(同一、または類似する商標)には、ご出願をされても登録にはなりません。したがって事前に調査をすることをお薦めいたします。

ご注意2:
 商標登録を他者に先に取得されていた場合(同一、または類似する商標)には、反対に、その他者の商標権を侵害することのないように細心の注意が必要になります。

ご注意3:
 サービス(例えば旅行代理業、経営コンサルタント、インターネットサービスプロバイダー)について使用する商標も登録を得ることが可能です。ただし「○○販売業」のようなサービスは指定できません。このような場合には、取り扱うそれぞれの商品についての商標登録を得ることになります。

ご注意4:
 指定商品・指定役務(サービス)の分類は、指定商品・役務の分類表にしたがい指定します。
 しかし、分類表にない新しいサービス等については、どの区分に属するかを判断しなければなりません。
 特に、最近顕著に増加しているインターネット関連の分野については、ソフトウェア・パッケージについての権利を取得したいのであれば「第9類 電子計算機用プログラムを記憶させた電子回路・磁気ディスク・磁気テープその他の周辺機器」になりますが、その他にも下記のような分類があります。
 「第42類 電子計算機のプログラムの設計・作成・保守」はソフトウェア開発に関する分類です。
 また「第42類 電子計算機用プログラムを記憶させた電子回路・磁気ディスク・磁気テープその他の周辺機器の貸与」などは、パッケージ・ソフトウェアのレンタルのほか、いわゆるASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)のようなオンライン上でのプログラムのレンタルを含むものと考えられます。
 さらに、インターネット上において商品の紹介などをするサービスであれば「第35類 商品の販売に関する情報の提供」などが関連してきます。
 「第38類 電子計算機端末による通信」などもあります。
 またインターネットを利用した音楽配信、電子メールによる情報配信など、様々な新しい業務分野が登場してきていますが、従来の分類にはこれらはありません。
 関連するすべてについて出願ができればベストですが、費用はその分かさみます。かといって他者の模倣などを排除するためには、適切な商品・サービス分野については権利を取得したいものです。これらの点につきましてはご要望の商品・サービスの内容をお知らせいただければ適切なご判断のお役に立てるものと思います。詳細はお問い合わせください。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて