商標登録.com > 商標の拒絶理由 > 周知商標の不正登録

不正目的で出願された他人の著名商標

商標法第4条第1項第19号
他人の業務に係る商品・役務を表示するものとして、日本国内又は外国における需要者の間に広く認識されている商標と同一又は類似の商標は、出願時に不正に目的で使用するものであるときは登録されません。
不正の目的とは、不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的その他の不正の目的をいいます。

たとえば、次のような商標が該当します。

(1)外国で周知な他人の商標と同一又は類似の商標が我が国で登録されていないことを奇貨として、高額で買い取らせるために先取り的に出願したもの、又は外国の権利者の国内参入を阻止し若しくは代理店契約締結を強制する目的で出願したもの。
(2) 日本国内で全国的に知られている商標と同一又は類似の商標について、出所の混同のおそれまではなくても出所表示機能を稀釈化させたり、その名声等を毀損させる目的をもって出願したもの。

「需要者の間に広く認識されている商標」には、最終消費者まで広く認識されている商標のみならず、取引者の間に広く認識されている商標が含まれます。

「外国における需要者の間に広く認識されている商標」は、当該国において周知なことは必要であるが、必ずしも複数の国において周知であることを要しないものとされており、我が国における周知性も要しないものとされています。

続きを読む "不正目的で出願された他人の著名商標"

このエントリーをはてなブックマークに追加

●対応方法

(1)他人の業務に係る商品・役務を表示するものとして、日本国内又は外国における需要者の間に広く認識されている商標ではない旨の反論をする。

(2)他人の周知商標と同一又は類似の商標ではない旨の反論をする。

(3)出願時に不正に目的で使用するものでなかったことを立証する。

このエントリーをはてなブックマークに追加



ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて