商標登録.com > 商標の拒絶理由 > ありふれた氏・名称

ありふれた氏又は名称のみからなる商標

商標法第3条第1項第4号
ありふれた氏又は名称のみからなる商標は、登録されません。

たとえば、下記のものが該当します。

1.同種のものが多数存在する、たとえば「50音別電話帳(日本電信電話株式会社発行)」等においてかなりの数を発見することができる氏又は名称。

2.「ありふれた氏又は名称」を仮名文字又はローマ字で表示したとき。

3.ありふれた氏、業種名、著名な地理的名称(行政区画名、旧国名及び外国の地理的名称を含む。)等に、「商店」「商会」「屋」「家」「社」「堂」 「舎」「洋行」「協会」「研究所」「製作所」「会」「研究会」「合名会社」「合資会社」「有限会社」「株式会社」「K.K.」「Co.」「Co., Ltd.」「Ltd.」等を結合した商標。

このエントリーをはてなブックマークに追加

●対応方法

(1)ありふれていないことを証明する。

(2)ありふれた氏又は名称が含まれていても、それ以外の要素が商標に含まれていることを説明する。

(3)使用実績により自己の商標として認知されているため、使用による識別性(商標法第3条第2項)があるとの主張をする。

商標法第3条第2項
使用をされた結果、需要者が何人かの業務に係る商品又は役務であることを認識することができるがあるときは、例外として登録が認められます。

なお、商標が使用により識別力を有するに至ったかどうかは、例えば、次のような事実を総合勘案して判断されます。
また、出願人以外(団体商標の商標登録出願の場合は「出願人又はその構成員以外」)の者による使用の有無及びその使用の状況も考慮されます。

続きを読む "●対応方法"

このエントリーをはてなブックマークに追加



ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて