商標登録.com > 商標の制作 > キャラクター

キャラクターと商標登録

商標は先に出願をした者が優先して登録することができますが、これはキャラクターの商標についても同じです。
キャラクターを創作した者にはもともと著作権が生じるため、何もしなくても権利が保護されていると単純に思われがちです。
しかし、商品または役務(サービス)について使用するキャラクター、つまり業務上、識別標識・出所表示として使用するキャラクターは、商標であり、商標法では先に類似商標が登録されてしまうと登録も使用もできないとされています。著作権侵害で勝手に登録された商標であれば、これを無効にする方法もありますが、たまたま類似するキャラクターが登録されてしまっては、どうすることもできない場合があります。

つまり、企業キャラクター、商品キャラクター、サービスキャラクター、ウェブサイトキャラクターなどに類似する図形商標を、他者に商標登録されてしまった場合には、商標として使用することができません。
商標権者の許諾なくして使用してしまうと、使用の差止や、損害賠償請求をされるおそれがあり、キャラクターの創作において商標権に最大限の注意を払う必要があります。
したがって、キャラクターデザインに際しては、図形商標を調査して登録を検討することが大切です。

また、他人の著作権を侵害していないことにも注意が必要となります。
商標調査には専門的判断を必要としますので、キャラクターデザイン案の制作・選択と、商標調査とは連携して行う必要があります。
当サイトでは、企業や地方自治体のキャラクターの調査や商標登録、あるいはキャラクターデザインの募集・コンテストに付随して図形商標調査を行うことなど、この分野での案件も多く取り扱っております。

キャラクターチェックリスト

□ストーリーができていること
□プロフィール・性格等が設定されていること
□わかりやすいこと
□覚えやすいこと
□親しみやすいこと
□ストーリー、ブランドイメージ等を視覚的に体現したものであること
□ストーリー、ブランドイメージ等にタッチ、色彩等がマッチしたものであること
□キャラクター同士の調和がとれること
□観衆・顧客(ターゲット)の趣味・嗜好・感性に受け入れられやすいこと
□ストーリー・ブランドイメージ等にそぐわないプロフィール・性格・デザイン・色彩ではないこと
□他のキャラクターと区別・差別化ができること
□一般的過ぎて印象に残らないものではないこと
□パッケージ・ツール・メディアに付した際に識別しやすいこと
□メディア・広告・消費者とのコミュニケーションなどで活用しやすいこと
□使用できるものであること(商標登録されていないこと、商標登録できること)
□独自に開発する場合には、著作権等を侵害していないこと
□既存キャラクターを利用する場合には、利用許諾を適切に得られていること
□外国語での意味合いが、悪い印象を与えるものではないこと
□他者の著名なマーク、キャラクター等を連想させないこと

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて